読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何で電子書籍信者は求めてないものを与えにくるのか

電子書籍と紙の本の話題でびっくりしたんだけど、何でみんな「電子書籍のほうが便利だから紙の本はいらない」とか言って平気なのか。
いやお前らはそれでいいのかもしれないけど、紙の本が好きな人間のことはどう思ってるのか。
不便だから消滅すればいいと思ってるんだったらやっぱりお前らが先に消滅しろよ。


俺は電子書籍が便利なことも知ってるし手軽に読めることも知ってるし、その上で紙の本が好きだから紙の本で読むわって言ってるわけですよ。
そこで「電子書籍のほうが便利だよ!」って言われても「で?」としか思えないわけ。
他の紙の本好きは知らんけど、俺は本に便利とかを求めてないわけ。
部屋に本がうず高く積まれてるのとかが好きなわけ。
本棚眺めてどれ読もうかなって思ってる時間が好きなわけ。
読まない本を手荒く扱っても問題が発生しないところとかが好きなわけ。
読むのに何かの電源を入れたりする手間がないのが好きなわけ。
要するに電子書籍にない部分が好きなわけ。
それなのに「便利!」とか言われても知らんのですよ、こっちは便利を求めてないんだから。


都会暮らしと田舎暮らしで「都会のほうが便利だから田舎とかなくていい!」って言わないでしょ、頭おかしい人間以外。
田舎暮らししたい人間も普通にいるわけですよ、実際。
そういう人は都会にないものを求めて田舎に移住したりするので、いくら都会が便利だと熱弁を振るっても関係ないわけですよ。
なぜなら田舎に住みたくて住んでるんだから。
バイク好きの人間にいくら四輪の車の利点を説いても「よっしゃ! じゃあ今日からバイク乗るのやめてミニバン乗るわ!」ってならないんですよ。
その辺を理解してない連中が便利便利連呼してるのを見るとアホなのかなって思うんですわ。
いや便利だったら君らが使えばいいじゃないですか、俺らは便利じゃないところを求めてますんで。


それでもなお紙の本は消滅しろと思ってる人間には「お前の人生とか俺には一切関係ないから今すぐ首吊って死んでくれないかな、俺には一切関係ないけど」という言葉を贈りたいと思います。
それぐらい傲慢な考え方よ、それ。


何で電子書籍信者の言うことを聞かなければならないんですか?

いつまで紙の本に付き合わなくちゃいけないんですか? -電子書籍に完全に切り替えたユーザーの怒りと愚痴をひとまずぶちまけます- .30CAL CLUBレビュー
これ読んだんだけどさー。
俺は電子書籍が普及すれば便利だと思うし、紙の本と電子書籍が同時に出てくるのが理想だなと思っているけど、こんな傲慢なクソがいるんだったら今すぐ電子書籍は死滅してほしいなと思うわけですよ。
こいつが電子書籍だいしゅきれしゅうううううって思うのは勝手だけど、紙の本が好きな人間をさんざんコケにしてまで電子書籍を勧めるんだったら徹底的に抗いますよ。


俺は寝る前に本をペラペラっとめくって適当なところを読んで意識が遠のきかけたところで部屋の灯りを消して寝る事が多いんだけど、電子書籍じゃそんなことできないんだよ。
まず適当なところをパラパラっとめくるまでが面倒くさい。
スマホとかタブレットの電源入れてアプリ起動して読む本選んでページ選んでさあ読むぞなんてやってられんわけですよ、そういう読み方のときって。
紙の本なら枕元に置いておいて適当に手にとって適当に開いて適当に読んで眠くなったらそのまま灯り消して寝れば終わりだし。
そもそもランダムなページを開く機能とかあんの?
完全ランダムじゃなくて前の方でランダムとか後半部分でランダムとかそういう気分次第で選べたりすんの?

あと寝る直前なのにバックライトに煌々と照らされた液晶画面とか見たくないわけ。
目がおかしくなるわ、そんなん。
あと仰向けで読めねえし。
仰向けでページめくるのも面倒くさいしスワイプしたのに元のページに戻ってきたりするし3ページぐらい前に戻りたいなって思った時に仰向けじゃもうキーってなるだけだし。

それとベッドから床に落ちた時に電子デバイスだと何が起こるかわからないけど紙の本なら読めなくなることなんかないし。
紙の本はベッドの上に投げても壊れないし。
ちなみに俺のスマホは座椅子の上に落として壊れました。


でまあ俺はそういう楽しみ方をしてるので紙の本が好きだな、でも電子書籍で本が読めたらじっくり読むような本とかはいいんじゃねみたいなことを思っていたところに

紙の本を一切「良く言う」つもりはありませんし、裏事情も理解するつもりは毛頭無い、という前提でのお話

が目に入ってしまい完全にダメになったわけであります。

紙の本最高ーとか俺は書店文化を守りたいんだーという方は不快な気持ちになられるかもしれませんが、知ったことではございません。

とか

こちらの意見に関する反応はなくて結構、あったとしても完全スルーとさせていただきます

みたいな表記(トップページに書いてある)を見てしまったのでじゃあ俺も言わせてもらうけど死ねよという気持ちしかないんですよ、ええ。


だいたいこいつのtwitterのbio見ました?
さとっち (@30calclub) | Twitter

特技は届いたフィギュアを積んでプレッシャーに耐えること。

そのスペースに本を置けやアホか片付けできない人間の言い訳かよボケが。






※10万円超

本を置くスペースがないの、お前が開けもしないフィギュア買いまくってるのが理由なんじゃねえの?
それで紙の本disってんの?
フィギュア全部売るなり捨てるなりしてから寝言言えや。
何やこいつ、本物のクソか。

僕の家は幸いにと言うか父母ともに読書家で、もともとかなりの本がありまして。
中には結構貴重な本があったり、貴重でなくとも「重版されてる様子もなく電子書籍もリリースされていない」という海外作家の本が残っているんですね。
それに加えて自分の買ったお気に入りの作品である小説とコミック、資料本などがガッツリと本棚を固め、クロゼットの中には23年分の『月刊ホビージャパン』と10年ちょっと分の『モデルグラフィックス』やその関連ムック、ハウツー本が鎮座しているわけでして。
特にその中でも「お気に入りの作品である小説とコミック」については基本的に全巻揃っているんですけれども、それらの作品は例外なく、数々の戦いを経てきているわけです。
その戦いとはつまり「本棚のスペース争奪戦」であり、「手元にどれを残しておくべきか」という厳しい取捨選択の果て、空間コスト奪い合いの生き残りなんです。

その取捨選択した本より開けもしないフィギュアのスペースが大事なんでしょ、じゃあフィギュアに注力すればいいんじゃないですかね。
それか引っ越すか倉庫でも借りてぶち込めばいいんじゃないの。
単に家のキャパが理解できてないか取捨選択ができてないかのどっちかなんでしょ。
紙の本云々じゃなくてお前の行動が問題なだけじゃん、アホなの?


で、まあ紙の本が山ほどあって捨てられないよーと言ってるのを最大限に尊重したとしましょう。
こいつ、自分でこんなこと言ってるのよ。

また、電子書籍否定派の方々が言われる
・「ストアのサービスが終わったら読めなくなるものにお金払いたくない」
・「所有してるわけじゃなくて読む権利にお金を払うのはイヤ」
・「手元に持っておける紙の本の方がいい」
という話につきましては、
「そもそも紙の本をいつまでも永久に保有し続けられるんですか?」という言葉をお返しします

えーと、数々の戦いを経てお前の家に鎮座している貴重な紙の本を「いつまでも永久に保有し続けられるんですか?」。
電子書籍で出てない?
じゃあ裁断してスキャンして電子データにして全部捨てればいいんじゃね?
そういうことだよね?
何らかの災害とかで焼けたり水浸しになったりする可能性だって十分あるわけじゃん?
何でスキャンしないの?
そうすれば大好きなフィギュア置く場所も確保できるじゃん。
何で紙の本を保存してるの?
紙の本ユーザーは散々馬鹿にするのに自分の紙の本の適切な処理すらできてないって何なの?
紙の本を全部バラバラにしてスキャンして残った紙を全部焼却した上で紙の本はクソっていうのならそりゃ筋は通ってるだろうけど、全部お前の怠慢じゃん。
お前の怠慢とか異常な趣味嗜好のために「紙の本はクソでーす電子書籍最高でーす聞く耳持ちませーん反論はスルーでーす」って主張だけするとか本当にクソだろ。
お前がやってるのは他人の顔面に唾吐きかけて「あー他人に唾吐きかけるの楽しいわーお前らが怒っても知らねーからよろしくー」みたいなある意味通り魔的な不快感のバラマキだぞ。
まあスルーするって自分で言ってるんだから何言っても大丈夫だろうしはっきり言うけどお前が自分の家のキャパも知らんだけのキチガイなのにそれを紙の本のせいにしてギャーギャー騒ぐんじゃねえよボケが死ねよ。


別に電子書籍最高みたいなことを言う人間は否定しないけど、そのために紙の本はクソだとか言うんじゃねえよ。
紙の本や電子書籍それぞれ取り巻く問題もたくさんあるし電子書籍売りたがらない連中も頭おかしいとは思うけど、それよりこんな「紙の本wwwww」みたいな態度の連中が最初に死ねばいいと思うんですがどうですかね。


つか「他人を馬鹿にするけど反論は受け付けませんwww」みたいな奴見るとその時点で死ねって思うんだけど病気ですかね。
俺だけですか。


40の夜

朝起きて夜寝るまでネットばかり見てる俺
他人の説教も上の空 ミナミの帝王見てる
やり場のない気持であいつ煽りたい
自分の部屋 エロ漫画も見つかるし隠してない
ダメ人間のかたまり でも生きながら
心のひとつも許しあえないお前達を見てる
そんな中私は今夜とうとう四十路を迎える
とにかくもう 人がいる場所では働きたくない
自分の存在が何なのかさえ 解らず歳をとる
40の夜
部屋着のまんまで歩き出す 行き先はコンビニだな
暗い夜の帳りの中へ
誰にも叱られたくないと 逃げ込んだこの人生
ダメになれた気がした 40の夜

スナック菓子 冷えたコーラ とてもおいしくて
揺れているお腹のたるんだ肉を 時折つまんでプルプルする
闇の中 ぽつんと光る つけっぱなしモニター
ちょっとだけ仮眠するつもり 朝になってて猛省して
人生の結末も解らないけど
体調悪いとこの歳だし 変な病気にビビる
お前達はそろそろ身を固めただろうが 俺は無理なのさ
今までの人生が俺達の全てならば
なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な
40の夜
部屋着のまんまで歩き出す 行き先はコンビニだな
暗い夜の帳りの中へ
何度も行ってるはずなのに いつも目を逸らすから
店員の顔わからない 40の夜

自動車もバイクも運転しない 免許取り立て慣れないまま
アクセルとブレーキを間違え(未遂)
それから事故を起こさないと 決めたから運転しない
行動範囲が狭い 40の夜