昔のテンプレ改訂版

"I have a dream"

私には夢がある。
いつの日にか、とある掲示板のスレッドの上で、
かつて罵り罵倒した者たちの子孫と、かつて罵られ罵倒された者たちの子孫が、
住民として同じ掲示板に向かい書き込める時がくるという夢を。
私には夢がある。
いつの日にか、私の4人の幼い子供たちが差別や罵倒によってではなく、
人となりそのものによって評価される掲示板を見る時が来るという夢を。

私の父が死んだ板で、多くの掲示板利用者達が誇りとした板で、
すべてのwebから自由の鐘を鳴らそうではないか。もし掲示板が偉大なコンテンツであるのなら、
これは実現されなければならない。
2ちゃんねるの豊穣な板の中から、自由の鐘を鳴らそうではないか。
Yahoo!掲示板の稜々たる板々から、自由の鐘を鐘を鳴らそうではないか。
あやしいわーるどの黒板色の板から、自由の鐘を鳴らそうではないか。
あめぞうの冠を頂いたあめ仮から、自由の鐘を鳴らそうではないか。
ふたばの曲線の美しい板から、自由の鐘を鳴らそうではないか。

それらばかりではない。
飴砂糖の石ころだらけの板、スラッシュドットの望楼のような板、そして、web上の全ての板から、
自由の鐘を鳴らそうではないか!すべての板々から、自由の鐘を鳴らそうではないか!
そして私たちが自由の鐘を鳴らす時、私たちがweb上の全ての板、すべてのポータル、
全てのサイト、全てのコンテンツから自由の鐘を鳴らすその時、
全ての神の子、ひろゆき信者もタラコ死ね派も、2ちゃんねらーも非2ちゃんねらーも、
あめぞう原理主義者もしば教徒も、皆互いに手を取って古くからの賛美歌を歌うことができる日が近づくだろう。
「自由だ、ついに自由だ、全能の神よ、感謝します。ついに我々は自由になったのだ」と。

あれから5年経った。
何も変わらなかった。