さてさてさて

こういう話が続くのは精神的にアレなので、俺がいかに鍵っ子であって鍵作品に愛情を注いでるかという文章を書こうと思う。
あとで。