リア・ディゾンは現代の飯島直子


もう少しで脱ぐというところでブレークして結局脱がないというオチ。