はぁ?

http://sekai-ai.com/blog/200711/entry001424.shtml
いやー、もう突っ込む気も起きんわ。
それでもいくつかやっとくか。馬鹿らしいけど。

セ・リーグは全部で6チーム。両リーグ合わせても12チーム(過去はもう少し多かった時期がありますが)。平均すれば12年に一度は日本シリーズ制覇の可能性がある「日本のプロ野球」という市場で、どうして52年間も優勝できないプロジェクト運営をしてきたのですか?

数値的な話だけをするのなら「確率の7倍ハマリは起こっても不思議な話ではない」というアレ。
パチンコとかパチスロでも言うよね。1/200の確率の台なら1400回当たらなくてもそれは十分起こり得る話です。
12球団で争っているのなら1/84くらいは確率上あり得る話。
53年なら4倍ハマリくらい? 新エヴァの6で800ハマる位の確率。全然あるね。
ちなみに日本シリーズは58回なので、12球団で分け合ったとしても多くて5回です。
中日は2回目。阪神は1回。横浜2回。ロッテ3回。中日が別段少ないというわけではない。間が開いてるだけ。
それはさておき。

「勝つことが至上の命題」だとか「チームプレイの目的はチームが勝つこと」だとか「個人の記録は二の次で構わない」と主張される方へ。
「プロジェクトの目的」という観点でみれば、まったく正しい意見です。ただ、そう主張されるのであれば、目的を達成できなかった原因を分析し、その経験を次期のプロジェクトに活かすというプロセスを52年間も怠ってきた責任を追及すべきじゃないいんですか?

あのさー、君はゲーム脳か何かなのか?
今年負けた! 来年勝つために補強やトレードをやるぞ! 新人も取るぞ!
それはそれでいいよ。で、やることはやりましたと。じゃあ勝てますかと。
そんな簡単なわけありません。何ででしょう。
答えは単純明快。「相手もやってるから」です。
プロセスを活かせば絶対勝てる業界なんてどこにあるよ。
プリンセスメーカーじゃねえんだから、自分のところがよくなれば勝ちじゃねえんだよ。
相手がいるんだよ。相手も成長して進化して変化してるんだよ。そんなことも分からんのか。

本気を出せば、年に一度チャンスが回ってくるものだったんです。現に、中日も日本ハムも2年連続でシリーズに出場してるじゃないですか。
確かに、自分のひいきのチームじゃないかもしれない。でも、毎年どこかのチームが日本一になって、ビールをかけあっているんです。

それを、急に優勝に目覚めた? チームの勝利が最大の勲章だと気づいた?
何を今さら。50年も放ったらかしにしてからようやく気づいたんだったら、プロジェクト管理は失敗しています。

俺これ書いた人誰なのか全然知らないんだけどさ、中学生か何か?
それかやきゅつくとかで野球を知った人?
あれですか、徒競走で手をつないでゴールみたいなことを本気で考えてる人ですか?
とりあえずその話を阪神ファンにしてあげてください。
58年も野球をやってて1回しか日本一になれない球団って何なの? 失敗してるんじゃないの? と言ってあげてください。
あ、この人出身は大阪なんですね。大阪でその話をしてあげてください。どうなっても責任は持ちませんが。


え、阪神ファンだから危険なんだろうって?


いやいやいや。
現に中日ファンの俺がブチ切れてますからね。
お前みたいなボケに何で中日が失敗球団みたいに言われんといかんのじゃ、いい加減にしろよボケカスってね。