あー

しかし、ベートーベンやゴッホを愛でた人たちは古今東西、やはり耳や目の肥えた人たちだっただろうし、そういう人たちに愛されて芸術作品は残ったのだと思います。

この辺が認識の違いなんだろうな。
現代にベートーベンがいたらどうなってるか。
「ベートーベンの交響曲を金出して買ってる奴って何なの?」
P2Pでダウンロードできるんだからしようぜ」
「購入厨涙目wwwwwwwww」
とかそんな感じですよ。
そんな奴らが「耳や目の肥えた人」を馬鹿にして、「そういう人たち」が芸術作品を愛すことを馬鹿にしてるんですよ。


今のままじゃ芸術作品は残らないって話なのに軸がずれすぎ。