死にそうだからという理由で放置するのは意味が無い

この前、日本居酒屋協会賞の話をしたんですが。
そして結果を見ている - 今日も得る物なしアーカイブ
日隅一雄という人についてこう書いてます。

末期がんの闘病中らしいです。

じゃあ触れないでおこう。

この人、その居酒屋賞の表彰式の時にこんな事やってたそうで。
ツイッターをまとめよう - Togetterまとめ
「何でお前見てたのに突っ込まねえんだよ」と言われそうですが、実は連中の喋ってる声すら聞きたくなかったので全部ミュートで見てました。
結果はニコ生の運営コメントで把握。
なので内容とか全然知らないです。


で、ブログで謝罪してます。
自由報道協会賞授与式での発言について - 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

私が自由報道協会賞授与式で行なった挨拶について誤解されている方がいるようですので、この場を使って、挨拶の趣旨などについて説明させていただきたいと思います。

高僧の行為に対するリスペクトこそあれ、卑下するような気持ちは一切ありません。

この私のユーモアに対し、会場内で笑いが起きました。しかし、チベットの高僧について笑った者は一人もいなかったでしょう。みんなは、私の自虐ネタを理解して笑ったわけです。

したがって、私のポリシーとしても、チベットの高僧の評価を低下させることなどありえないことなのです。

いいねー、この謝罪する気持ちのかけらも見えない言い訳に終始した謝罪文。
末期がんの人だからいろいろ言わなくてもそのうち言わなくなると思ってたけど、やっぱり言ったほうがいいね。


死ねばいいのに。