真夜中に集団自殺の様子を録音したテープを聞くと怖いのでみんなで聞こうという記事を書いていたら「それアニメであるよ」みたいな話を知ったでござるの巻

YouTube
テープだけでも相当怖いけど何が起こってるのか知るともっと怖い。
人民寺院 - Wikipedia

襲撃後「ジョーンズタウン」に犯行から戻った信者たちは、同日午後5時過ぎ、ジョーンズの指示によって、大きな鍋に入ったシアン化合物入りの飲料水を飲むか、シアン化合物を注射して集団自殺を図り、「ジョーンズタウン」で暮らしていた信者の約9割の914人が死亡した。その内の267人は18歳以下の子供であった。


なお、これに先立って数十回に渡りジョーンズは信者に対して集団自殺の「予行演習」を行わせていた。集団自殺の模様を録音したカセットテープが残されており、ジョーンズは、ライアンら「一部の嘘つきたち」の訪問によってこれ以上教団での生活が不可能になったと主張し、信者たちに対し、これは「革命的自殺」であり、「別世界への旅立ち」だと訴えていた。このときのテープは演説、信者達の歌声が鳴り響きながら次々にその歌声が途絶えていき、最後にはまったくの無音になるという恐るべき死の過程を記録したものであり、後にTVでも放送され、全世界を恐怖のどん底へ陥れた。

子供の泣き声が録音されてるけど、意味が分かるともうなんというか怖いとしか言い様がなくなるね。


集団自殺の前にはこんなことも起こっている。

1978年11月14日に、アメリカ連邦議会のレオ・ライアン下院議員(民主党選出)と人民寺院の信者の家族、マスコミ関係者を含む視察団が「ジョーンズタウン」を訪れ、ジョーンズら人民寺院の上層部と会見した。

11月18日に一通りの視察を終えたライアン議員は、ジョーンズに帰国希望者計16人をアメリカに連れ帰る事を提案。実際は恐怖政治による監禁コミュニティではあったが、対外的には「ジョーンズタウンからの出入りは自由」、と標榜していたためジョーンズと人民寺院側も渋々承諾した。

しかし、ジョーンズタウンを出発時にライアン議員は突然信者に切り付けられた。不安の中、ライアン議員ら視察団と16人の帰国希望者が同日午後に「ジョーンズタウン」近くのポート・カイトゥマ空港に到着し、ガイアナ航空とチャーター会社の小型機2機に分乗して出発しようとする。突然「帰国希望者」の1人が発砲するとともに、人民寺院の信者たちが密林からトレーラーで現れ議員らに銃撃を加えた。これによって、ライアン議員とNBCテレビのドン・ハリス記者、取材クルーら5人が死亡し、11人が重軽傷を負った。

その映像。
Jonestown - YouTube
これが「一部の嘘つきたち」ってことだね。
色々バレそうになったから集団自決をしたと。
うわー。


で、怖いついでにこの話を色々調べてたらこんな話を見つけた。
ねこねこブログ : Angel Beats!全話視聴完了。あまりにもひどすぎる終わり…。これなんてガイアナ人民寺院? - livedoor Blog(ブログ)

第12話の序盤で、SSSの主要メンバー達が「私達、音無教祖様の演説に感動したわ!!喜んで自殺するわ!!」と言い出した時点で、ガイアナ人民寺院事件を思い出し、非常に嫌な予感がしていましたが、その予感は完全にあたり、音無教祖の「死ぬことこそ素晴らしい」という思想の信者となったSSS団メンバー全員&奏&教祖自身が全員集団自殺(成仏)して終わりました…。

うわー。


で、検索したところ結構指摘してる人が多い。
俺は1話見て変な格好で銃撃ってるアニメだなみたいな感想持ってそのままフェードアウトしたのでよく知らないんだけど、調べたらみんな死ぬ(死ぬ?)話らしいのでまあそうなんでしょう。
違っても知らん。


やっぱ俺、CLANNADで燃え尽きててよかったわ。
のめり込みすぎると後が怖いのは宗教もアニメも同じですわ、本当に。