「サッカーに体罰はない」は本当か

http://www.asahi.com/national/update/0115/OSK201301150014.html
はてなブックマーク - 朝日新聞デジタル:義家政務官「体罰ではなく暴力だ」 自殺の事実解明指示 - 社会
この話に関しては「10周くらいさせとけよ」としか思わないので、ブコメがこんなことになってる理由がいまいちわからないのだが、多分コート10周を体罰って言わなければよかったんだと思う。
コート10周を体罰って言っちゃったから「いい体罰も悪い体罰もあるか体罰は全部悪い体罰は悪だ悪い悪い体罰体罰で悪い体罰体罰体罰」みたいな反応になっちゃったわけで、「コート10周させるとかならともかく、ぶん殴るなんて指導でも何でもない」とか言っときゃよかったんだよ。
それがいいのか悪いのかは別としてな。


で、それとは別にブコメ

Jリーグほかサッカー教育で体罰が排除された経緯でも、調べてみたら?体罰では、上手くはならないよ。

というのがあったので、そうなのかーと思って調べてみた。
そうしたらまあURLは貼らないですけどこんな感じで。

せっかくですのでAチームの練習試合にするため、後半だけ1本とした試合をやらせてみましたがなんと!?Aチームも運動量の少なさが見えました!

試合が終わりなにも言わず子供たちを集合させ走らせました!!300メーター位はあると思いますが、試合時間の15分×2で30分ひらすらダッシュです。何本かやり給水、腕立て腹筋をこえだし50回、終了してそのままダッシュ!!給水して体幹30秒を3セット。終わり次第すぐダッシュ!!
30分間ずっと繰り返しです。

そして試合の時間になり、そのまま試合へ行き、U8の子に変わりに試合をしてもらい、ちびっこ軍団は試合中もひらすらダッシュ!!

ダッシュし続けた状態で後半戦を戦わせました。試合のテーマは【声かけ、運動量】

バテバテの状態であえて運動量の指示を出しました!!

30分間ひたすらダッシュ&腕立て腹筋&ダッシュ&体幹の繰り返し。

キャプテンや主力のメンバーが泣きながら走り、腕立て腹筋、体幹をやっていました。

それでも容赦なく続けました。

フラフラになり、意識朦朧としている状態でした。それでもダッシュをし続けたちびっこ軍団。

終わった後に言いました。「こんなに走れるのに何で走らなかった!!何でサボった!!何で罰を与えられないとやらないをやだよ!!」と、声を張り上げ怒鳴りました。

泣きながら下を向く子や後悔している子。

様々な想いが過ったと思います。

落ち着いたちびっこ軍団に自分のコーチとしての本音を伝えました。

「罰で走らないでも出来るだろ。今まで散々走り込みをしてきたじゃないか。忘れるなよ。罰で走るなんて無意味なことはやめようよ…」

コート10周が体罰ならこれも立派な体罰なんじゃ……。


また別のサッカースクールでは

午前の〆で4年生と混合でゲームをしました。
前半シュートがまったくみられなかったので
後半は、チームの全員がシュートを打たなければ罰走することにしました。

別のサッカースクール。

今日の紅白戦で敗れたチームはいつもの罰ゲーム。
タイムに入れなくて泣いている選手がいました。
その場は何も言わずタイム入るまでやりました。終了の挨拶の際、みんなにもう一度確認。
罰ゲームをやりたくないなら試合でチームで協力し合い勝てばいい。
本来なら罰ゲームなしでも集中して練習してほしいが、そこはまだ小学生。一生懸命走ったり、声出したりしての勝利は本当に気持ちいい事なんだということを指導しながらも強制でなく、気づかせて行きたい。
罰ゲームが嫌だから勝つからのスタートでもいいと思う。
勝ちにこだわってくればいづれ変わってくる。

このサッカースクール、代表はプロチームやユース日本代表の経験もある人です。


これは高校サッカーの指導者。

スタッフ間で考えていた「罰走」を
この日の試合から導入することにした。


試験期間前からスタッフ間で考えていたことではあるが、
春からリーグ戦が始まり、
インターハイの地区予選も近づいてくので、
もう一度、「勝ち」にこだわっていくためにも
「罰走」制度を取り入れて行こう、
という話が持ち上がっていた。


今回の試合のタイミングはまさに
「罰走」導入には最適な状況だと判断した。


キャプテンには、「早ければ、合宿明けからやっていこう」
という話はしてあった。


「罰走」内容は基本的に、以下の通り。

負けた場合、点差×10本(ゴールライン往復)
引き分けた場合、失点×10本(タッチライン往復)。

指導者の自己満足と揶揄されても
選手の意識を変えていくためには
必要なんだ、という強いこだわりをもって、
これからも続けていきたい。

ジュニアユースチームでは

練習の準備を手伝わずに練習開始直前にグラウンドに出た6名に練習参加をさせず45分間罰走を課しました。

とある高校サッカー部。

先週から訳あって
サッカー部一年が罰走で一週間
走り続けてました。

60キロは走ったかと思われます。

これも高校サッカー部。

1試合20分を数ラウンド。1試合終了ごとに負けチームに罰走を課した。練習の為の練習にならないよう、勝負にこだわったサッカーをすることが目的だ。

この辺で調べるのやめた。


いやー、サッカーでも罰でバンバン走らされてるよ。
それも小中学生の頃から。
しかも練習参加させないとか、意識が朦朧としている小学生を走らせたりとか。
全然なくなってないよ、懲罰的な罰走。
むしろ虐待に近いレベルの話もあって、平手で一発殴ったくらいのほうが心身のダメージがないような気がする有様ですよ。


俺はコート10周くらいならいいんじゃねえのと思ってたけど、現実はそれ以上だったわ。
点取られたらその点数分ダッシュさせるとか指導じゃないだろ。
何なの、日本のスポーツ界。
体罰云々じゃなくてもっと大局的な視野に立ってどうにかしていったほうがいいんじゃねえの、これ。