イケハヤの記事の内容がお前そのものだと言われたんだけど

悪役気取りの「批判家ブロガー」たちが、すぐに「オワコン」化していく理由 : まだ東京で消耗してるの?
まあ批判的なことでしかアクセス稼げてないのは事実だけどもそれ以外別に言いたいこともないしなって気分なんだけど、それよりイケハヤの芸風も十分批判家だと思うんだけどどうでしょうか。
笑いながら襲いかかってるから凶暴に見えないけど、やってることは俺とそんなに変わらないよね。


あら探しは誰にでもできるって言うけど、別に俺はあら探ししてるつもりはないんだけどな。
そもそもあら探しって基本自分に返ってくるから逆に難しいんだよ。
あの芸能人の作った料理がひどいだの、子供をグリーン車に乗せるなだの、ケチを付けることが目的の人たちっているじゃん。
ああいう人たちって内側では団結して批判する側に回ってるけど、一歩外に出るとそいつらが批判の矢面に立たされてるでしょ。
そりゃ批判のための批判なんだから外から見れば異様で共感されないよなって。


俺も別に共感されようと思ってない、とまでは言わないけどそこまで重要だとは思ってないんだけども、やっぱり客観的に見てそれはどうなのかってことはあんまり書かないようにはしてる。
なんか気に入らない人を執拗に批判する人とかいるじゃん。
気に入らないからとにかく悪いところを探そうって人。
そういう人ってそうそう見放されてごく一部の狂気を持った賛同者みたいな集団になりがちじゃないですか。
俺はそういうことはあんまりしないタイプなので今までやってられるんじゃないかなって思ってますよ。
あくまで批判すべきは言動一つ一つであって、1回失敗したからずっと批判し続けよう、あいつはダメ人間だみたいな批判はしたいとは思わないね。
某嘘新聞とかも何もないときにまで批判しようとは思わないしね。*1
そもそも批判したいから書いてるんじゃなくて俺が思ってることを書いてるだけなのでその辺の認識からして温度差があるような気がしないでもない。


まあ俺はこれからも俺の好きなことを書くしそれが批判だったら批判ばっかりだし将来的に結婚とかして子供とかが生まれたら親バカ日誌みたいなことになるかもしれないし頭がおかしくなったら集団ストーカーがいたとか毎日書くようになるかもしれないし要するに俺は他人からなにか言われて書くこと変えるようなことはまず無いです。
終わり。




ヒーロースーツの作りかた

グラフィック社
売り上げランキング: 1,067

*1:定期的に何かしてくれるのでその必要がないともいう