サザエbotのインタビューはでっち上げ

2061年から来たというサザエbotの中の人いわく、「地球の未来を救う“ネオ”になるのはエンジニア」 - エンジニアtype
俺の中では「ヅラかぶった他人が写真を撮られてるだけ」ということに落ち着いてるこのインタビューですが、まあインタビュー自体もでっち上げだということが何となくわかってきまして。
というのも、ナカノヒトヨとかいう松田くんの別人格の書いてる文章がインタビューの内容とほぼ同じなんですが
Singularity|ナカノヒトヨ|未来人|note
おかしい場所があるんですよ。

ナカノヒトヨ 私がTEDxTokyoでスピーチを行ったのは5月31日でしたが、その5日後、Softbank人工知能を搭載したヒト型ロボット『Pepper』を発表した。さらにその2日後、英国で人工知能が初めてチューリングテスト(対話している相手をヒトかAIか見分けるテスト)に合格しました。このわずか1週間を見ただけでも、技術の側はシンギュラリティに向かって突き進んでいます。

このスピーチを行なったのが5月31日。5日後にSoftbank人工知能を搭載した人型ロボット「Pepper」を発表し、さらにその2日後には英国で人工知能がはじめてチューリングテスト(対話している相手をヒトかAIか見分けるテスト)に合格しました。たった一週間でAIはニセモノではなくリアルに姿をあらわし、AIになりすましたヒトではなくヒトになりすましたAIが、ヒトをあざむくことに成功してしまった。(余談ですが、6月28日には『トランセンデンス』、『her/世界でひとつの彼女』という、いずれもAIをテーマにした映画が公開されるようです。)

上がインタビューで下が松田なんだけど、下の文章をインタビュー用に仕上げると上の文章になるんですよ。
で、上の文章がおかしいのは、ここだけ女口調じゃないの。
他の部分は漫画でもいねえよってくらいの女口調なのに、ここだけ普通なの。
「合格したのよ」とか「突き進んでいるわ」じゃないと違和感バリバリなんですよ、この部分。
さらに「発表した」に至ってはインタビューの口調じゃないの。


専門家の見立てでは
https://twitter.com/kkshow/status/482079520023789569

サザエbotのインタビューはいわゆるオカマ口調になってるのに、一部分(小見出しが「シンギュラリティへの対抗手段を作るのはエンジニア」になってる箇所)だけ完全にですます調になってるから、原稿を作成したあとに、中の人の松田がオカマ口調を肉付けしたものと思われる

とのことで、俺も多分それか森川直樹っていうライターがオカマ口調にでっち上げたかのどっちかだと思うんだよね。
で、こんな事実も発覚してまして。
https://twitter.com/jizou/status/482227203556380673

このインタビュー、全部女性が喋ってるという前提で進んでるはずなのに突然「ヒト型ロボット『Pepper』を発表した」という堅苦しい表現になってるので誰かの文章を誰かがインタビュー形式に変換したでっち上げインタビューであることは間違いない http://i.gyazo.com/0ce5522ee0da8e9855fd807564985bdd.png

https://twitter.com/kkshow/status/482227873659379712

@jizou その部分、おれの見た時と語尾が違うと思ったら、手直し入ってる https://archive.today/RAW1A

とのことで、見てみると

ナカノヒトヨ 私がTEDxTokyoでスピーチを行ったのは5月31日でしたが、その5日後、Softbank人工知能を搭載したヒト型ロボット『Pepper』を発表しました。さらにその2日後、英国で人工知能がはじめてチューリングテスト(対話している相手をヒトかAIか見分けるテスト)に合格しました。このわずか1週間を見ただけでも、技術の側はシンギュラリティに向かって突き進んでいます。

語尾が変わってる。
新しい方の魚拓も取ってあるのでちゃんと確認したい人はどうぞ。
http://megalodon.jp/2014-0627-0326-45/engineer.typemag.jp/article/sazaebot
まあ女口調で喋ってる人なんかいなくて、誰かが書いた文章を誰かが女口調に仕立ててインタビューという体裁で掲載したと考えるのが自然だわね。


あと
https://twitter.com/kkshow/status/482224592413392897

昨日のサザエbotのインタビューとサザエbot(ナカノヒトヨ)が今日更新したブログにまったく同一の表現が出てきてるから、自作自演かパクリの二択しかなくなった、まあ取材・文の森川直樹さんが噛んだ自作自演でしょうね http://i.gyazo.com/ab68b5fc87570a674d66943c7659d2a3.png

とのことなので、まあインタビューなんかなくて最初から文章で行われたやりとりなんでしょうなということになりますね。
バーで行われた取材というものも存在してなくて、多分取材者側が適当な人材を用意してやったんだろうね。
あと上の方の大きな写真の外が夜(ブラインドが開いてるのに暗い)なのに他の写真はなぜか昼間だとか広尾のバーで撮影したらしいけど広尾のバーの写真見まくってもそんなロケーションのところなかったぞ*1とか細かい点で気になるところは色々あるんだけど、まあインタビューがでっち上げなのはほぼ間違いないです、はい。


それがどうした―静と理恵子の血みどろ絵日誌 (角川文庫)
伊集院 静 西原 理恵子
角川書店
売り上げランキング: 500,809

*1:一応広尾の貸しスタジオの写真も見まくった