6年前の話題を海外の掲示板で見つけて自信満々に記事にした挙句他人にパクられたと騒ぐnetgeekさんのクオリティ

あ、バイラルメディア話なのでリンク先は見に行かなくていいよ。


【速報】バイラルメディアfeelyがnetgeekの記事を誤訳箇所ごとコピペしてパクリが盛大にばれる | netgeek

バイラルメディアfeelyは9/14、netgeekが9/12に投稿したエイの群れの記事をリライトした記事を投稿したが、netgeekの誤訳部分まで丸々載せ、さらにはオリジナル文章まで模倣したため、パクリがバレるという事態が起きた。

この時点で「はあ……」という感じなのだが、内容がまたアレで。

netgeekでは9/12に海外画像掲示板imgurで元ネタを見つけてきて、一部翻訳とオリジナル文章を付け加えてエイの大群の記事を投稿したのだが、それが2日後の今日、feelyに誤訳部分とさらにオリジナル文章にそっくりな表現が書かれた記事が投稿されていたのを見つけたのだ。

誤訳があったのは「Golden Rays migrate twice a year to warmer waters in the Gulf of Mexico.」という一文。そのまま訳すと「金色のエイは1年に2回、メキシコ湾の温かい水に移住する」となるのだが、netgeekでは「ゴールデンエイ」という名前の魚と思い込み、「これはゴールデン・エイという種類で1年に2度、メキシコ湾の温かい海流を求めて大移動するのだ」と意訳した。

それが、feelyでも「 ゴールデンエイという種類のエイで、1年に2回だけ、温かい海流を求めて大移動するそう」という訳になっており、なぜか「~という種類で」という表現の付け足しが共通していたのだ。

これだけならまだ偶然で済まされるかもしれないが、その他にもあまりにも似通っている部分が多すぎるため、netgeekの記事をリライトしたものだと確信した。

ゴールデンエイという言葉を完全一致で検索するとnetgeekより上のfeelyの更に上にこの記事が出てくる。
ゴールデンエイの大群 - Telegraph: たっぷ こんぴゅーた さーびす blog ぺーじ
記事内のリンクは現在見られないのだが、リンク先はイギリスのデイリー・テレグラフ社のサイト。
これを覚えておいて欲しい。

「絶景」というオリジナル文章が重複している。また「船の先端」は「edge of the boat」を意訳したもの。edgeを先端と訳すのが偶然かぶるものなのだろうか。

オリジナル表現の「本当に金色」という文章が一致。

watersを海流、migrateを「大」移動と意訳したところが一致。また冒頭にあげたように「Golden Rays」を「ゴールデンエイという種類で」と訳したのも同じになっている。

元のサイトでは、「They’ll move in groups of 10,000 or more」という具合に「1万匹以上で…」と書かれていた表現をnetgeekではおおまかに「1万匹」というタイトルにしたが、なぜかfeelyも一致。

筆者の感想として書いた「相当危険だが」、「泳いだら気持ちいい」がfeelyでは「非常に危険なのに」、「泳ぐのはとても楽しそう」にリライトされている。

netgeekが最後にオリジナルで「チャンスは1年に2回だけでそうそう遭遇できるものではない」と書いた部分がfeelyでは少し違う表現だが同じ内容「1年に2回しか見れなく、かなり貴重なため、誰でも見れるわけではありません」にリライトされていた。

まあ「カレーの感想を辛いと書いたらほかのサイトも辛いと書いてあってパクリだ!」レベルのおまおま案件*1なわけですが、そもそもこの記事の画像も丸パクリなわけでよくもまあそこまで図々しいことが言えるなこのパクリ野郎という感じなのですが。


ここで6年前のとあるサイトの記事を見てみましょう。

海面を幻想的に埋めつくす黄金のエイの大移動:らばQ
全く同じ画像が使われてますね。
「大移動」という表現も使われています。
で、引用先として記載してあるのが上でも出てきたデイリー・テレグラフ社のサイト。
つまりこの金色のエイの話はデイリー・テレグラフ社の記事がネタ元ということになります。
写真が見当たらないけど、記事は多分これ。
Golden Ray photos of amazing mass migration - Telegraph

俺は10分でこの事実にまでたどり着きましたが、バイラルメディア様はそこまで調べる能力がないのかその気がないのか、多分両方なのでしょうが「俺が画像掲示板で見つけた!」と豪語してるわけで。
6年前に同じ写真を見て「ゴールデンエイ」「大移動」という表現を使ってる人々がいるわけで、それをよくもまあそこまで自信満々にパクられただの謝罪しろだの言えるもんだと感心しますわ。


ちなみにnetgeekさんがいう謝罪というのはこういうことのようなので
お詫び | netgeek

平素はnetgeekをご覧頂きありがとうございます。28日か29日に公開すると予告していた記事につきまして、事情により公開することができなくなりました。

またいくつかの記事につきましても削除致しました。読者の方々には期待を裏切る結果となってしまい申し訳ございません。

当記事は事実と異なることが書かれていたため削除をしました。 誤報があったことをお詫び申し上げます。 今後もnetgeekでは面白い記事を提供すべく精力的に取材・執筆に注力していく所存でございます。今後もこれまで と変 わることなく応援頂ければ幸いです。

謝罪しろって言われた人たちはこのフォーマットを利用して「どの記事の何にどういう問題があって誰に迷惑をかけたとかそういうこと一切言わずにただなんとなく誰かに謝ってるように見せる」という手法で謝ってあげたらいいのではないかと思います。
まさかこのクソ謝罪フォーマットにまでオリジナリティを主張するわけではないだろうからね。
ちなみに何を削除したのかは揉め事プロがまとめてますのでそちらをどうぞ。
誤報?圧力?netgeekが「BUZZNEWS」「WebTechAsia」関連記事を削除し謝罪(追記あり) - Hagex-day info




*1:お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな