テレビの影響力とまとめの価値

揚げバター? ピザバーガー? アメリカの超高カロリー食品まとめ - NAVER まとめ
昨日テレビで揚げバターやら巨大ピザやらが紹介された影響でこのまとめのアクセスが急増した。
そのアクセスの経路が結構変わっていて、GoogleYahoo!の検索経由ではなくYahoo!のリアルタイム検索からが一番多かったのよね。
テレビを見て即ネットにタッチできる層ってのはtwitter経由で情報を得ると思ってたんだけど、twittertwitterでもリアルタイム検索から来るんだなーと新たな発見ができた。
まあできたからといってテレビで何が扱われるかは直前まで分からないし、分かったとしても似たようなまとめが即できちゃうから競争力が低いんだよね。
揚げバターに関しても昨日の番組放送終了後にやっつけで作ったであろうまとめができてた。
揚げバターの画像が何件か貼ってあって最後にデブの子供の画像が貼ってあって終わり。
何それ。
でもその「何それ」に負けるんだよね、今の御時世。


最近のまとめとかバイラルメディアって、揚げバターで言えば揚げバターの画像が山ほど貼ってあってなんかよくわからないイメージ画像みたいなのが挟んであって「すごいですね!」みたいな今時小学生でももう少し何か言うぞって感じの感想がついてて終わりとかでしょ。
そういう記事って読者に対するホスピタリティが足りてないと思うんだよね。
みんな別に揚げバターの画像10個も20個も見たいわけじゃないんだよね。
だから読者の知的好奇心を満たすためにはそこからプラスアルファが必要だと思うわけですよ。
揚げバターでネタ広げるのならカロリーどれくらいでこれは何と同じくらいで成人男性の何日分でそりゃ太るわみたいな。
俺は揚げバターありきで上のまとめ作ったんだけど、そこから深く掘り下げるんじゃなくて「じゃあもっと異常なカロリーの食品を探そう」って思って作ったわけで、それも見た人が何か特別な感情を覚えてくれれば勝ちだし嬉しいよねって気分なのよ。
上のまとめだと胸焼けとかしてくれれば俺の勝ちなわけです。
そして勝ちは価値につながるわけで、最近のまとめは読者に勝ってんのって話ですよ。
そうやって面と向かって聞かれて「勝ってます」って胸張って言えるようなのそんなにないよね。
少なくともツイートぶっこぬいて大量に並べてハイ終わりみたいなまとめは一生読者に勝てねえってことですよ、金は儲かるかもしれないけど。
そこにはプライドも何もなく、ただただ小銭を拾う連中がいるだけですよ。
いくらパクリでも矜持を持て、矜持を。
お前らそんなに金が欲しいのか。
はい欲しいです。
じゃあしょうがないね。