お前以外


これに「お前以外」と返事しておいたのだが、そもそも論として「異性をグループ分けしてそこから選ぶ人間というのはどれくらい存在するのか」というのがある。
俺は「好意を持った異性がどのグループであるか」を考えることはあってもその逆はないと思っている。
だって好きになったらしょうがないじゃん。
すげえ魅力的な人だけど「うわっお嬢だから俺には合わない! すごいいい人なのに!」とか思って諦めるやつとかいるの?
「完全にタイプだしお付き合いしたい! でも収入が俺の希望より低いから無理!」とかならねえだろ。
なんだその人をモノ扱いしてる考え方は。
お前は倉庫から自分の希望にあった異性を引っ張りだして品定めするのか。
それ相手に失礼極まりないんじゃねえの、馬鹿かって思うわけです。


他の人はどう答えてるのかなと思ったら




「直接話聞いたらブチ切れそうになりますよ(笑)」というのは多分相手が先なんだろうなと思いつつ。
つかなんで「稼ぎがよくて家事も完璧な」とかつけてんだ。
条件を付け足すな。


で、最初のアンケートみたいなのの続きですが、こんなことを言ってます。






完全に勘違いしてると思うが、クソフェミ嫌いはそいつがクソだから嫌ってるだけであってフェミかどうかは関係ないんだよ。
クソなんだよ、そいつが。
「うわーフェミニスト見つけたー! フェミニスト死ねー!」じゃねえんだよ、「クソは死ね」なんだよ。
どんなジャンルでもクソは嫌われるんだよ。
どのジャンルだからとかじゃなくてクソだから嫌われてるんだよ。
それに「反論=攻撃=クソフェミ」って書いてあるけど、攻撃してこないクソフェミなんていくらでもいるわけですよ。
じゃあそいつは嫌いじゃないのかって言われたら嫌いですよ、だってクソだもん。
「クソフェミ嫌い=誰かの言説の否定」ってのもそう考えると当然の話なわけで。
だって嫌ってるのはフェミニズムじゃないんだもん。クソ人間なんだもん。
クソ人間の言ってることを嫌ったらそいつがたまたまフェミニストでしたってだけだもん。
そいつが男か女かも関係ないんだもん。クソには性別はないからだもん。


というのをひっくるめてもう一度答えます。
「俺が選ぶならそんなクソみたいな質問をしてくるクソのお前以外です」と。
フェミニストが嫌いなんじゃない、お前が嫌い。以上。


ゼロからはじめる婚活入門!
脇 光雄
文芸社
売り上げランキング: 14,049