読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キンコン西野の正論とやらが見当外れすぎてさすが芸人は面白いなと思った件

旬の話なので更新しまくってますが実際は休止中です。


キンコン西野氏のクラウドワークス批判記事に対する言及が正論すぎる。クラウドソーシングの本質とは? - 未来は変えられるの?
何がどう正論なのかと思ったら

本来、収入がゼロだったところを、月に5万円でも「自分の力で稼げる」という選択肢が生まれたわけじゃん。
5万円あれば、どれだけ助かることか。
で、「月に5万円じゃイヤだ!」というのであれば、簡単な話、利用しなきゃいいんだよ。

が正論だそうです。
まあ搾取されまくりの吉本芸人さんなのでその辺の感覚がわかってないんでしょうね。

西野さんのこの言及はクラウドソーシングの本質をついています。

ほとんどの人々はクラウドソーシングを「会社員の副業」、「在宅勤務での本業化」の視点から見てるんです。

しかし、西野さんは「何かの事情があって働けない人達の視点」に立って考えてます。

西野さんが言及してるように、本来収益が0円な人がクラウドワークスのおかげで月5万円程度の収益を得る機会ができたわけですよ。それって単純にスゴイことですよね。

はーそうですか。


この人、プロブロガーってことは文章書いて金もらってるんですよね。
それが依頼なのか広告なのか知らないけど、その報酬があまりにも異常だったらって話ですよ。
記事執筆依頼の内容が5000字1000円とか、広告10000PVで1円とか、そういう話ですよ。
それに対して芸人が「ブログ書いてお金もらえるとか最高じゃんwww」って言ってるんですよ。
じゃあ芸人もなんか1ステージ20円とかでやればいいんじゃないかな。
しゃべるだけで金もらえて最高ですね。


誰も月5万しか稼げないからとか言ってねえんだよ、50万の仕事を5万で発注する世界だから炎上してんだよ。
以前絵描きに異常な単価で発注する胡散臭いソシャゲ屋がいて問題になってたけど、それと同じ話。
本来10円払うべき作業に10円払えとは言わないけど、せめて5円は払おうよ。
今1円払ってるかどうかだぜ。


つか「働ける場があってありがたいと思えよ」「嫌なら働かなくて結構」「給料に文句言うな」ってみんな大好きブラック企業の言い分じゃないですか。
そういうメンタリティでこれからも頑張っていくんですか、頑張ってください。


プロジェクト(外注契約みたいなやつ)ならもう少しマシなのかもしれないけど、まあどっちにしろダメだと思いますよ。
俺ももうメインじゃやってないし。副副業レベルです。
今の5倍くらい稼げるならメインにしてもいいけど、まあ無理だな。
ダメです、ダメ。


小銭をかぞえる (文春文庫)
西村 賢太
文藝春秋 (2011-03-10)
売り上げランキング: 65,815