読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できないものはできないのよ

一般事務の仕事が合わなかった。
はてなブックマーク - 一般事務の仕事が合わなかった。

努力という概念がすっぽり抜け落ちている人間には「はいそうですね」としか言いようがない。能力がなくて努力もしたくないなら底辺で生きていくしかないわな。努力しなくて能力がある人間なんて見たことないし。

「自分のような仕事できない人がやる仕事なんだな、一般事務って、って思ったり。」おまえ、それも務まらなかったくせに何寝ぼけたこと言ってんだよ。

なんの仕事やっても同じような事言ってると思う。

文型理系も何も関係ない。自分の仕事をきっちりこなせない人はどこで何やっても言い訳して逃げるだけ。

ここまで客観性皆無の身の程知らずのバカに「フィールドワークとか資料を読んで、課題を見つける」なんてことが業務レベルでできるはずない。こりゃ「私には合わない」って拗ねて無職でいてくれたほうが社会のため。

「自分馬鹿だから…」って言っちゃう人、それ努力しない言い訳だから。

なんか諸々、努力した気配が全然見えない気がして残念ですな。販売の仕事とか良いんじゃないのでしょうか?


俺はこういう感じのこと15年くらい言われ続けてるけど、ダメな人はどうやってもダメなんだよ。
俺の場合はダメって言ってもそのダメ判定がすでに狂ってて、やり始めたら途中離脱しちゃダメだみたいな強迫観念があったのよ。
途中でやめたらそれこそ「何寝ぼけたこと言ってんだ」「何やっても言い訳して逃げる」「努力しない言い訳」みたいなこと言われるから。
でその結果何年かして突然あっこれダメだってなって逃げるようにやめるようになる。
そうすると言われるんですよ、みんな我慢してるだの仕事とはそういうもんだとか。
まあ実際に今週の頭に言われたんですけどね。

でも夜30分毎に目が覚めるとかそういう体の異変感じてまで働くのってどうなのよって思うわけですよ。
なので1週間でバイト辞めましたが、そうするとまた言われるわけですよ。
じゃあどうするのってその答えが「我慢しろ」ってそりゃ君らは何の不都合もないから我慢できるっつーか普通にできるのかもしれないけど、できない人間もいるわけですよ。

以前、製品の組立で実際に組み立てる人のところに部品を集めて持っていく配膳の仕事してたんですけどね、そこで仕事ができなかったのよ。
できなかったというか、理解できなかったの。
仕事の工程は「部品を集める」「持っていく」の2工程しかないんだけど、ここに「部品が足りなくなったら置き場に補充する」「補充したら空の箱は潰すなり何なりして片付ける」という工程が加わるわけですよ。
で、普通の人は部品を持っていくのが最優先だということがわかるわけですよ。
空の箱とかその辺にまとめておいて後で片付けりゃいいんだから。
でも俺はわかんないんですよ、額面通りに受け取っちゃうんですよ、アスペだから。
そうするとどうなるかというと「部品集める」「持っていく」「部品補充する」「空箱処分する」「空箱処分が追いつかないから頑張って処分する」「ひたすら処分する」「組み立てが止まってすごい剣幕で怒られる」になるんですよ。
その時に「組み立てるのが一番だから」と親切な先輩に教えられて理解できたのでその後は組み立て第一空き箱二の次みたいな感じで普通にこなせるようになったわけですが。
で、その親切な先輩がいなかった場合完全に理解不能になるんですよ、言われたとおりにやったのにって。
twitterでこの話したら「指示が悪い」って言われたんだけど、それでもなお「普通の人はそれくらい理解できているのでは?????」という気持ちになったりしてます。

郵便局でバイトしてた時も「あれやって」「それいいからこっち先にやって」と別々の人に言われて、こっち先にやってと言われた方を片付けてたら首根っこ掴まれて「あれやっとけって言っただろうが!」って言われまして。
そういう判断ができない時って、周りから見たら普通に「あいつ仕事できない」「やる気が無い」「努力してない」みたいに思われるんですよ。

まあこれは俺がなんか人と違うぞおかしいぞって気づいたから理解できたことであって、気づいてない人は自分は仕事ができない人間だって思い込んじゃうのね。
この増田がどうなのかはわからんし全然関係ない本当にやる気が無いだけの人なのかもしれないけど、それでも「何寝ぼけたこと言ってんだ」「何やっても言い訳して逃げる」「努力しない言い訳」なんて言われて挙句に「拗ねて無職でいてくれたほうが社会のため」とか言われたらアレよね、アレ。

あと俺は失敗ばかり想像してしまい怖くなって萎えるというどうしようもない癖があるのがダメなのかもしれない。
というか想像力がおかしな方向に暴走してパンクすることが多い。
ネットでなんか気に入らないこと言ってる人を見た時に「俺がこれを批判したらこうやって反論してくるんだろうな、そうなった時にはこうやって言い返そう、でもそうしたらこんなことを言ってくるかもしれない、はあ? なんでそんなこと言われなきゃいけないの? ふざけんなよこいつ完全に死なす」とか勝手に興奮してブチ切れることもある。
相手何も言ってないのに。というか俺も何も言ってないのに。
そういう精神的に問題などがあるのでダメなものはダメだしできないものはできないんですよ、多分実際はできるんだろうけど。


ということでどういうことかよくわかりませんが、俺は個室で自分のペースでひたすら大量のネジを磨くみたいな仕事がしたいです。
みんな仕事の能力や適正、精神とかは人それぞれだからあんまり強く言っちゃダメだよ、主に俺が勝手に反応して辛くなるから。
以上、俺の泣き言でした。
何だこのエントリ。


追記

switch7 出来るようになるためにこうしたけどダメだったなら慰めもするが、アスペだから、出来ないものは出来ない、身体がおかしくなるって言われたらそりゃあなたと同僚じゃなくてよかったとしかいえない

世の中の大半はこういう人だというのが現実です、よかったですね。


できる・できないのひみつ (学研まんがひみつシリーズ)
内山 安二
学研
売り上げランキング: 327,568