タニタの体重計「BC-754-WH」で体重にとんでもない誤差が出る原因は立てかけ収納


この体重計をもらったんだけど、体重測ったら1kgぐらい重い数値が出てきてそんな太ったかなと思って1時間後ぐらいに再測定したら前日と同じぐらいの数値。
何だこれ大丈夫かというのが2日続いて、Amazonの星1レビューでも同じような怒りの声が出てたので取扱説明書を読んでみた。
そうしたら「立てかけたり上に物を置いた場合は登録番号を指定しろ」という但し書きがあった。
この体重計は乗るだけで乗った人間が登録されている人物の誰なのかを判断して身長や年齢を照合して肥満度などを出してくれるんだけど、その機能の調整を使用していないときにしているらしく、立てかけたりしてあると間違った調整がされるらしい。
なのでその場合は乗るだけではなく登録番号を指定しろということなんだろうね。
確かに立てかけて保管してあったので間違った表記が出るのはわかるし、しばらく放置すると直るのも辻褄が合う。
ということでこの体重計を使う場合は硬い床の上に置きっぱなしにしておくか、使う時に登録番号を指定するかどっちかにした方がいいということです。
多分。


使い勝手としてはBMIとか体脂肪率とか内臓脂肪レベルとか出るのはいいんだけど特に記録されないので毎日記録したい人には向いてないかなと思った。
俺は体重だけ記録して他の数値は参考程度にしています。
ゴリゴリに体調管理したい人はスマホとかWi-Fi対応のやつのほうがいいと思うけど、体重測りたいだけならこれで十分なのでは。
以上です。