今日のwikipedia

松村邦洋 - Wikipedia

松村が新人で全く無名の頃、当時放送作家だったドリアン助川と一緒に電車に乗り合わせた。すると突然松村が立ち上がり、ノートを取り出し、発声練習と叫び声をあげはじめた。「頭のおかしい人がいる」と周囲がざわつき、ドリアンも内心で「恥ずかしいからやめてくれ」と思った。しかし、松村の声が、ビートたけし石橋貴明の声そのままに変化していき、乗客の顔色が変わり、驚愕と尊敬の眼差しで注目され、車内の空気が一変した。この雰囲気の変化に、ドリアンは言葉を失った。その後、自身の著書やラジオ等で松村邦洋の技術がいかにすごいものであるかを語っている。また、かつて聖書に記された、モーセが掲げた杖によって、目の前の海が真っ二つに割れ、海底が道となって出現した奇跡になぞらえて、一般的にはモーゼ事件と呼ばれている。

どこが一般的よ(;´Д`)ワラタ

元暴走族であり、当時の写真がテレビ番組の企画で流出した。暴走族のリーダーが松村のものまね芸を大変気に入り、ある日「自分の地の声をちゃんと作っておけ。そうすればものまねした時とのギャップが生まれて、もっとウケるぞ」と、玄人並のアドバイスをもらった事もあったらしい。糸井重里からものまねの能力・技術を高く評価されている。

リーダー畏れ(;´Д`)常人にそんなアドバイスは出来ない