みんな馬鹿なのかな

http://www.asahi.com/digital/internet/NGY201005250031.html
はてなブックマーク - asahi.com(朝日新聞社):図書館HPにアクセス3万3千回 業務妨害容疑で男逮捕 - ネット・ウイルス - デジタル
「たった1日平均○回で!」とか言ってる人たちは馬鹿なのかな?
容疑者の接続時間もサーバーダウンしてた時間も分からないのに何で計算できるのかな?
1ヶ月間のアクセス回数が出てたら「これは24時間ずっとアクセスした結果の数字だ!」って思い込んじゃうのかな?
1ヶ月のうち、例えば21回サーバーがダウンしてたのなら21日だけアクセスしてただけとは考えないのかな?
そしてその21日のうちでも30分くらいで集中的にアクセスしていた可能性とかないのかな?
その条件なら1秒間に2回程度アクセスしてるわけだよね?
1日に換算すると172800回のアクセスだよね?
もっと凝縮して10分でやってたら3倍ですよ。


もちろんこれは想像の域を出ないのでなんとも言えないんだけど、そういう可能性も十分あるわけでしょ。
何で単純に平均しちゃってその数を元にこれはひどいだの何だの言えるのか不思議でしょうがない。
つか事前に警告が「なかった」なんてどこにも書いてないと思うんだけど、何で「これだけで逮捕はおかしい!」とか平気で言えるんだろう。
やっぱり馬鹿なのかな。


追記
朝日の記者が馬鹿なのかも分からん。
中日新聞の紙面に同じ事件の記事が載っていたんだが、印象がだいぶ違う。
ちょっと引用してみる。

(前略)
 逮捕容疑は四月二〜十五日の間、自宅など二カ所のパソコンから、岡崎市立中央図書館のコンピューターに計約三万三千回のHP閲覧要求信号を送って計八回機能を停止させ、図書館の業務を妨害したとされる。
 岡崎署によると、自動的に一秒間に十回の信号を送る自作のプログラムを使用。中川容疑者は「HP制作の情報収集に必要だった。業務を妨害するつもりはなかった」と否認しているという。
(後略)

強調は俺。


上で秒間6回の可能性もあるぞとか書いたが、まさかの秒間10回でした。
1日3000アクセスだとしても5分でそれだけかな。
調べてみないと分からないもんですね。
さて、上の記事をブックマークした何人がこの情報にたどり着けるのかな?


さらに追記

朝日の記事には「1秒に1回程度。/計約6万4千回のアクセス」との記述があるので、皆様のコメントもそれを前提としていると理解してましたが。

それを前提にしてたらこの辺のコメントは完全に的はずれでしょ。

えっこの程度のアクセスで逮捕?1123200秒で3.3万アクセスということは34秒に1回のペースでアクセスしていたことになる。目立ったトラブルないと主張する容疑者の認識の方が正しいのでは?

「4月2日から15日にかけて、岡崎市立中央図書館のホームページに、計約3万3千回のアクセス」……って 1日3000にも満たないのに死んでしまうん?

は? 2週間で3万回がDoS攻撃? 桁3つ間違えてませんか?

うん十万うん百万ならともかく、2週間で3万3千回程度でしょ?その程度で落ちるシステムを見直したほうがいいでしょ。単なる図書館の恥さらし記事だよ。

3600PV/hで落ちるサイト……きっと人力なんだと思う。

見方が偏りすぎなんじゃねーのと。
この記事に書かれてる内容だけでも
「1秒間に1回アクセスするプログラムを100個起動してそれを3日おきに短時間起動させて一気に負荷をかけた」
って可能性もなくはないでしょ。
何でそういうことに考えが回らないで反射的に一方を批判するのか不思議不思議。


俺が1月1日に100km走って(あり得ないけど)12月31日にもう1回100km走ったとするでしょ。
そうするとある見方をすると「1日100km走るだけでもすごいのにそれを1年に2回も!」となる。
でも「365日で200km?1日1kmも走ってねーじゃん何それだっせー走ってるとか冗談でも言うなよwww」みたいな見方もできるわけで。
何でこの件は後者が多くて、それを元にこれはひどい連呼なのかなーと。
前者の可能性も十分あるわけでしょ。
そう思ったわけですよ、俺は。
どっちが正しいのか知らんけど、色々考えた方がいいんじゃねーの。
実際数値が違う記事が出てきてるんだしさ、ってことです。
そして今もそういう人達が同じようなブックマークを付けてる現状もどうにかならんものかなと。
誰に言えばいいの、こういうのって。


ちなみに別ソース。
CBC NEWS i
容疑認めてるみたいよ。