まとめたよ

嘘を書くことで有名なメディアAがまったくの嘘の記事を掲載しました。
さっそくTwitterでその嘘が拡散されました。
早とちりしたTwitterユーザーはどんどんと情報を広めて行きました。
直後に「それは嘘ですよ」と指摘したユーザーが現れました。
確認したところそれは嘘であることが明らかな情報でした。
するとどこからか「騙される方が悪い」「嘘を書いたほうが問題じゃなく何も考えずにRTした人間が悪い」という意見が出始めました。
ある人は「いや、そもそもこんな書き方で嘘を書くほうがおかしいだろう」と反論しましたが「騙されて顔真っ赤www」などという人間ばかりで話になりません。
結局「嘘を嘘と見抜けない人間は(略)」などという意見が大半を占めるようになりました。
まったくその通りで、誰が見ても嘘を書くメディアなのに信じるほうがリテラシーが低く、ネットに向いてないに違いありません。
これからはそのメディアが嘘を書いても批判することなく、どうせ嘘なんだから信じるほうが馬鹿だとみんなで笑うのが正しいのかもしれませんね。



めでたしめでたし。
と思ってる奴はAに虚構新聞ではなく「自由報道協会」「マスコミ」「はちま起稿」を入れて読め。それからへそ噛んで死ね。