池田先生何言うてはりますの

池田信夫 blog : 「全員一致」という建て前
内容はどうでもいいんだが、この部分がどうしても意味がわからないのでわかる人がいたら教えて下さい。

たとえば個人情報保護法では、5000人以上の個人情報をもつ人は「個人情報取扱事業者」として役所に届け出る義務がある。年賀状ソフトのCD-ROMだけで4000万人分の個人情報を含むので、ほぼすべてのPCユーザーは個人情報保護法の規制対象になる。もし警察があなたの家を捜索してPCを押収したら、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金を課せられることは確実だ。

年賀状ソフトに含まれている4000万人分の個人情報とは何を指すのでしょうか。


そもそも個人情報保護法では
個人情報の保護に関する法律

3  この法律において「個人情報取扱事業者」とは、個人情報データベース等を事業の用に供している者をいう。

と規定されてるので

個人情報保護法では、5000人以上の個人情報をもつ人は「個人情報取扱事業者」として役所に届け出る義務がある

は間違い。
事業者って言ってるのに。


で、年賀状ソフトに含まれる個人情報とは一体何なんですかね。
もしかしたら4000万世帯分の郵便番号かと思ったけど2010年度の日本の世帯数は約5000万だしそもそも郵便番号は個人情報じゃないし多分違う。
何やねん一体。


追記
malaさん(https://twitter.com/bulkneets)に教えてもらった。
【筆まめネット】年賀状作成・住所録管理ソフト「筆まめVer.14」の住所録・宛名機能の紹介

<搭載辞書>
・ 個人・法人電子電話帳 (約4,000万件)
・ 最新の郵便番号辞書 (2003年7月現在)
・ 姓名辞書 (約44万件)
・ 地名辞書

電話帳……。


いやそれ個人情報云々言うんなら電話帳を例えに出せばいいじゃん……。
それでもなお間違ってるけど……。
個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン(平成16年10月22日厚生労働省経済産業省告示第4号,平成 21年10月9日改正)(PDF:328KB)

※「特定の個人の数」について
個人情報データベース等が、以下の要件のすべてに該当する場合は、その個人情報データベース等を構成する個人情報によって識別される特定の個人の数は、上記の「特定の個人の数」には算入しない。
(中略)
?氏名、住所・居所、電話番号のみが掲載された個人情報データベース等(例えば、電話帳やカーナビゲーション)であること、又は、不特定かつ多数の者に販売することを目的として発行され、かつ、不特定かつ多数の者により随時に購入することができる又はできた個人情報データベース等(例えば、自治体職員録、弁護士会名簿等)であること。
(後略)


あと

5000人以上の個人情報をもつ人は「個人情報取扱事業者」として役所に届け出る義務がある。

これも間違い。
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/privacy/q&a.htm

個人情報取扱事業者に該当した場合には、届出等の手続が必要となりますか。


届出や認可などの手続は何もありません。(2005.1.14)

すげえ、何一つ正しい場所がない。
池田さんなんでこんな例えを出したんや……。