今一生の言い訳がましい記事を読んで

■Social Good News 君は弱者と同じ世界に生きている - ■campfireの無責任ぶりを見て他社は改善する ~phaさんのことは嫌いじゃないよ


ゲスいの一言しかないんだが、なんか色々ツッコみたいのでツッコんでいく。

 いずれも、タイトルからして、クラウドファンディングを運営する会社に対して社会的責任を問うことに主眼が置かれていることは明白だ。

いや、その記事のタイトルは「自称ニートがネットで"生活費集め"はOKか!?」だろ。
主眼が個人に置かれてるほうが明白なんじゃないの。
そんな言い訳するくらいなら最初からクラウドファンディングを主題にしろよ。
叩かれたから、受けが良くなかったから目先を変えてみましたという話にしか思えん。

 これを読んで、「本の制作費に生活費を混ぜるのはちょっと…」と思い当たる人は少なくないだろう。

お前だけ、とは言わんがそんなたくさんいねえだろ。
あれだけ「別にいいんじゃねえの」って言う人間がいたことを無視すんなよ。

 phaさんがそもそも「働きたくない」と明言してるとわかってる人なら、「お金がなくなってきて困るように」なってきた彼が求めていた10万円が、生活費に真っ先に使われるだろうと察してもいるだろう

いやそう明記してあるじゃん、察するとかじゃなくて。
「目標金額の10万円は約1ヶ月間の活動費です」って書いてあるじゃん。
ここまで堂々と書いてあるのに何で隠してるみたいな表現使うの?

記事が問題として提起しているのは、あくまでも「CAMPFIRE」を運営する会社がどんな審査で新規プロジェクトを承認しているのか、その基準のことである。

クラウドファンディングについて思うこと - phaの日記
こんな質問してた奴が何を言っているのか。
見ず知らずの他人に「働け」という説教メールを送りつけた挙句「問題は運営会社の基準のことです(キリッ」じゃねえよ。
じゃあ個人が働こうがどうしようが勝手じゃねえか。
そういう人間を承認するかどうかが問題なんだろ?

後編の記事では、「CAMPFIRE」を運営する会社が取材から逃げ、クラウドファンディングというサービス自体に内在している社会的責任についても一切説明しないことを明かしている。

お前が失礼なメール送ったからだろ。

こんな明確に「意図がわからない」って言われるって取材者として恥だぞ。
それを「後編の記事では(中略)明かしている」ってあたかも相手が隠してるみたいなこと言いやがって。
お前の記事が出る前から「馬鹿がゴミメール送りつけて無視されてる」ってバレてんだよ。
恥を知れや、顔面角パンマン野郎。

プロジェクトに対してお金を出すユーザに安心してもらうには、自社の軒先に置いたプロジェクトによってマフィアや非合法組織などにお金が流れない仕組みを作っておく必要があるからだ。

その話に「自称ニート」を持ち出す必要があったのか?
「自称ニート」に取材する理由は?
どう見ても後付けの理由だろ、こんなの。

phaさん個人に関してdisる動機などそもそもない。
 むしろ、「後編」の発表を出来るだけ延長し、phaさんの執筆した本『ニートの歩き方』の予約の案内とほぼ同じタイミングで発表し、phaさんや出版社にとって良い前パブ(事前宣伝)になるようにした。

これだけ恩着せがましい人間久しぶりに見たわ。
こんな記事で宣伝できるのなんか「今一生はライターとしての能力が皆無」ってことくらいだろ。
厚顔無恥も甚だしい。まあ見るからに厚い面の皮してるけどな。

もちろん、人は自分が読みたいように記事を読むし、ネット上には基礎的な読解力を欠いている人もいるので、僕がphaさんのことを嫌っているかのように勘違いしてる人すらいるけど、嫌う理由なんてどこにもないし、そうした見方はその人の妄想なので、スルーしておく。

全然スルーできてねえじゃねえか。記事のタイトルにまで書いてるのに。

 phaさんへの質問に、僕はこう書いている。

「僕自身もやりたくないことはしたくないし、一生遊んで暮らすために、自分がしたいことしかしませんし、したいことをまったりやることがそのまま収入になることしかしていません」


 それに対してphaさんは、「それはいいですね。うらやましいです」と応えている。
 「したいことをまったりやることがそのまま収入になる」ことの面白さに、彼は気づいている。


 なのに、「趣味でプログラミングをするのとプログラマとして働くのって、家で自分で料理を作るのと料理屋で働くのとぐらい違う、だるいことですよ」とトンチンカンなことも書いている。

これは「お前はそういう生き方ができていいね、うらやましいね、でも俺はそういうのだるいし無理」っていう嫌味だと思ってたんだけど違うのか。
俺だってバリバリ働いてその金で休日をエンジョイしてる人見るとうらやましいと思うけど、自分がバリバリ働けるかって言うとそれはまた別の話だし。*1

 彼は、自分をもっと楽にする(=だるくならないようにする)方法が豊富にあることをまだ知らないのだ。

弱者から原稿もらってそれを金に変える仕事とかしまくってる人間らしい発言だな。
お前のやってることは自分が楽をするんじゃなくて他人を働かせてるだけ。
傍から見りゃ緩い奴隷制度みたいなもんだぞ。

だから、「少ない労働量でウェブサービスをうまくマネタイズできるものなんでしょうか。好きなものを作りながらヒットするウェブサービスを作るのってかなり大変」「世の中にはお金には全くならないけど面白いものはたくさんあるし、それを金銭化するとその良さがなくなってしまったりする」という発想のままなのだろう。

 そのままだと、彼は彼自身で自分の人生を損なところへ導いてしまうだろう。

さっきまでクラウドファンディングの責任がどうこう言ってたのにもう他人への説教に変わってるじゃねえか。
どんだけブレてんだよ。ディッキーのナックルか。

 世の中、「自分には無理」なことでも、それをたやすくやってのける人はいるし、そういう人材と出会うだけでも、今までのスタイルのままで、もっと自由に、もっとだるくならない方法を知ることが出来る。


 世の中は、「できる人」と「できない人」が、お互いに「出来ること」を持ち寄ってお互いがだるくならない仕組みを作って回っているシーンが随所にあるのだ。

それがクラウドファンディングなんじゃねえの。
何言ってるのこいつ。アレなの。

 ギークハウスの仲間も、いつかは結婚や転職、田舎の実家への出戻りなどで1人、また1人といなくなり、10年も経てば、phaさんは10歳以上も年下の若い人たちからオジサン扱いされること必至。
 ネットで金を調達しようにも、今後は「またphaさんか」と思ってくれる人も大人になって減っていくだろう。

うわー、すごい大きなお世話マンが出たぞー。
つかなんで他のギークハウス住民は普通の生活に戻れることが前提なんだよ。
普通の生活?

他にも、「いざとなれば生保」とか、「会社を興して働きたい社員に働かせる」とか、いろいろだるいままでシノぐ方法はあるだろうけど、phaさんの人生はphaさん自身が選べるに決まってるし、phaさんの器にマッチした人生が待っているだけだ。

あれだけ長々と説教して結論がこれとかなんなんだよ。風俗説教おじさんより面倒くせえわ。




もうね、こんな支離滅裂な言い訳をしてもなお意味がわからない記事を掲載させられたサイゾーがかわいそうだわ。
そんなもんブログで一人でやってろよ。
ハックル先生の方がブログから出てこないだけ偉いぞ。


あと、自分の検定を自分で作る厚かましさもさることながら、それが(2)なのもすげえ。
見てるこっちがいたたまれないわ。
他人の生き方に文句付ける前に自分の全方位嫌われ外交の生き方をどうにかしろ。
いつまでも弱者で飯が食えると思うなよ。


トム&ジェリーこくご8マス3冊組

トム&ジェリーこくご8マス3冊組

*1:だるいわけではない